T様邸 | 井尻ハウビング

comment
江戸時代から引き継がれていく家

趣ある風格を損なわないようにしながら、機能的で暮らしやすい家になるようにプラン。スケルトン状態にしてから、老朽化した柱などは入れ替え、必要な場所には金具で補強。 老朽化して崩れそうになっていた味噌小屋は撤去し減築しました。
歴史を感じさせる立派な梁部分は残しながらも、断熱材を入れてから天井を張り、 壁・床下にも断熱材を入れました。窓はペアガラス、蓄熱暖房機を設置するなど、寒さ対策をして省エネ住宅に。
またDKや水廻りの床高を40cmまで上げバリアフリーにし、足腰の負担を減らしています。暮らしやすく動線がいいように間取りも大きく変えて安全性を高めました。

line

gallery


line
outline
所在地 京都府南丹市八木町 T様
工事個所 ダイニングキッチン、玄関、トイレ、居間、客間、洋室
※画像はダイニングキッチンと玄関、トイレのみ
工事費 非公開
工期 30日

line
concept

【お客様の声】

訪ねて来られたお客様がみんな「わあ、素敵ですね」と言って下さるので嬉しくなります。
オープンキッチンでは振り返れば、冷蔵庫や食器棚、家電などにすぐ手が届くので、家事がすごく楽になり、料理をするのも楽しくなりました。 対面キッチンになったので、ダイニングにいる家族との会話も楽しめます。
壁の土佐和紙が温もりを感じさせてくれ、壁も天井も白くなったことで、明るく気持ちの良い空間になりました。 ダイニングキッチンの梁が際立ち、引き継いできた歴史を感じます。