2017.1.25

温もりある古民家カフェHOUSE

今回ご紹介するのは築30年の木造住宅のリノベーション。多少劣化が目立つものの、レトロな古民家の趣が魅力です。

 

この家にもともとある和の素材を上手に残してリノベーション。
あこがれの古民家カフェに生まれ変わりました♪

 

大胆に変更したのは、ダイニングキッチン。
キッチンのとなりの和室を、キッチンに続くダイニングルームに。
深い色の木の空間に革張りのソファが良くあい、落ち着いた印象を与えています。
壁を取り払った代わりにクロス状のシックな色合いの柱組を設置して強度を補完。
和モダンのキッチンダイニングの中でひときわ存在感を放ちます。

 

4-1

 

キッチンのシックなカウンターテーブルと、ソファーチェアのダイニングテーブル。
その日の気分に合わせて食事をする場所を変えることができます。

 

4-4

 

ダイニングの隣の和室は、アクセントとなるむきだしの階段で仕切られています。
畳と障子、そして和紙の模様がある壁をスポットライトで演出することで洗練された雰囲気に。
昼間は明るい日差しが差し込んでのんびりと過ごせそう。

 

4-2

 

新しい手法を駆使しながらも、既に古民家が持ち合わせた素材の良さを上手く活用することで、温かみのある空間が完成。
「中古を買ってリノベーション」だからこそ出来たマイホームですね!

 

4-3