Y様邸 | 井尻ハウビング

comment
桜の庭を眺めるLDK
当初は増築を希望しておられましたが、建ぺい率がいっぱいだった為、増築しないで間取りのレイアウトを変えてリビングダイニングスペースを作ることをご提案しました。

今回のリフォームのポイントは庭に植えてある大きな桜の木がLDKのどこからでも見えるようにすること。庭に面してL字の空間でLDKを配置しました。庭を一望できるよう、大きな掃き出し窓を設置し、窓に対して垂直にダイニングテーブルを配置しました。

壁面いっぱいの造作棚には、本やご主人様の趣味で集められたレコードをスッキリ収納することができます。リビング横の和室を敢えて一段高くし、腰を掛けることができるようにしました。子ども達や友人が集まった時に、ソファと畳に腰掛て会話を楽しめるので、リビングで寛ぎやすくなります。

ウッドデッキを床と同じ高さにすることで、内と外の境界が緩やかになり、空間が広く見えます。床材やキッチンなどは全て無垢材を使いました。壁には土佐和紙の壁紙を貼り、年月が経つごとに趣が増すような素材にこだわりました。

 

line

gallery


line
outline
所在地 京都府亀岡市南つつじヶ丘 Y様
工事箇所 キッチン、ダイニング、リビング
工事費 約660万円
工期 約35日

line
concept
ジェルコリフォームデザインコンテスト2009 全国優秀賞 受賞!

 

【お客様の声】

「LDKの延長のようにウッドデッキをしつらえたことで、庭との一体感が生まれています。無垢材を多用した内装も心地よさそう。LDKに隣接する小上がりの和室は、リビングの一画として使用したり、時に独立して使用することもでき、機能的です。