2017.3.3

住宅ローンの基本と選び方のポイント①

マイホームの資金として利用する住宅ローン。

その中でも「フラット35」は、安定して返済することができるように、他のローンと比較して金利がかなり低く、返済期間も通常35年と長期間となっているのが魅力。

若い人でもマイホームを持てるよう設計されています。

 

金利とは、借入先の金融機関に支払う「利息」のようなもの。金利が高いほど返済負担が増えることになります。

金利には固定金利と変動金利があります。

固定金利は返済期間中金利が変わりません。変動金利より金利が高めになりますが、金利情勢に左右されないため返済額が変動せず、資金計画が立てやすくなります。

固定金利には、固定期間を選べる「固定金利選択方式」と当初の金利を全返済期間適用する「全期間固定金利方式」があります。

 

一方、変動金利は金利情勢によって年2回ほど金利の見直しが実施されます。金利が上昇するリスクがある分、固定金利より比較的金利が抑えられています。

 

1-1 1-2

 

後編では固定金利と変動金利のどちらがよいかを見ていきましょう。