blog | 井尻ハウビング
2017.4.24

キッチン快適化リフォーム術~後編~

キッチンに立つの、億劫だな~
と毎日ぶつぶつ文句を言ってるモノグサな私。

 

そう、小学校のとき学校に行くのがイヤだった。あの感じに似てます。
「眠いな~寒いな~行きたくないな~」
でも、カワイイ手提げやお気に入りの文房具があると、友達に自慢したいから
「よし、学校行こう!」ってなる。

 

キッチンも同じかもしれません。

 

以外とみんな力を入れていないキッチンまわり。
どうせ料理するなら器具もカワイイものを。
カラフルなルクルーゼの鍋が置いてあるだけで、気分もあがる~!

 

6-1

 

ガラスの瓶は同じものを何個も揃えると、自動的にオシャレ空間。
壁をレンガ風にすれば、料理のモチベーション、ますますアップ!

 

6-2

 

「ウチのキッチン、見て見て~」
みんなに自慢できるキッチンなら、料理も楽しくなること間違いなし。

 

カワイイ小物と壁紙でひと工夫。

 

さっそくチャレンジしてみてください!

2017.4.21

キッチン快適化リフォーム術~前編~

料理って面倒。やりたくない~!
といつも思うのは私だけ?

 

しかも、キッチンは長時間過ごせない場所。
夏は火を使って暑いし、冬は床が底冷えして寒い~!
5分で済ますって訳にいかないし、どうすりゃいいの?!
最近、キッチン嫌いの私です。

 

なぜ快適じゃないのかというと、住まいを設計するとき、
リビング→南側
という間取りにすることが多いから。

 

リビングが南側だと、どうしても
キッチン→西側や北側
になることが多くなってしまうんです。

 

夏の西日がキツかったり、暗くてジメジメしたり。
もうそれだけでやる気になれない~!

 

そんな私に賛成してくださる方には、快適キッチンのご提案。

 

例えば床材。冬暖かく、夏ひんやりする床材は?

 

答えは天然素材。
自然の木は、夏は湿気を吸い冬に湿気を吐くから、自然とお部屋が快適に。
電気代もかからないし、なんて優れものなの~~!!!
さらに、温水循環式の床暖房にすれば最強。

 

5-1

5-2

 

でも電気代お高いんでしょ?

 

いえいえ、温水循環式はランニングコスト安いんです。

 

後編は、料理が楽しくなるひと工夫。
料理がツライ人、必見です!!

2017.4.19

男らしい空間を目指して!カリフォルニアスタイルにリノベーション

午後の光をあびて、革張りのチェアでビールを一杯。
映画の中みたいないヴィンテージ感。

 

これぞオットコ前!なカリフォルニアスタイルをご提案。

 

子どものころ、みんなで海水浴に行って、
あ~やっぱり海は最高やなー!海辺の家に住みたいなー!
と思ってた私。

 

窓から入ってくる風は潮の匂い。
むきだしの木の壁に、サーフボードを立てかけて・・・

 

妄想が海のように広がります。

 

妄想に近づけるポイントは「ウッディー感」。
壁も、床も、テーブルも木をふんだんに使うとカリフォルニアっぽくなります。

 

4-1  4-2

 

でも、ウッディーといえば、「あ~、あのホッコリ暖かい感じね!」
と北欧風を連想する人多数。

 

北欧風といえばナチュラルなインテリアが特徴。とっても女性らしいんです。

 

でも、もっと男前にしたいんだよ!と言う人は、インテリアを男っぽく。

 

4-3  4-4

 

ヘリンボーンの模様の壁にすれば、それだけでヴィンテージ空間。
これで一気にカリフォルニアへゴー!できちゃいます。

 

4-5

4-6

 

男前な空間もRE住むスタジオ三条烏丸店がカッコよく実現。

 

何でもご相談ください!